阿寒湖観光ナビ LAKE AKAN TOURIST INFORMATION

阿寒湖観光ナビ LAKE AKAN TOURIST INFORMATION

  • Language
    • English
    • 中文简体字
    • 中文繁體字

阿寒湖の魅力

阿寒湖の魅力Charm

ここに訪れるすべてのひとに幸せを願って

阿寒国立公園は1934年、大雪山国立公園や日光国立公園とともに日本で2番目に指定された国立公園である。太古の昔、激しい火山活動によって広大なカルデラが形成されるが、特に阿寒湖、屈斜路湖、摩周湖の3つのカルデラをカバーする総面積9万481へクタールが指定の対象となっている。周囲には雌阿寒岳、雄阿寒岳、阿寒富士などの秀峰がそびえ、さらに阿寒湖の南西には小さな宝石のようなオンネトーがある。天候や見る位置によって湖面の色が多彩に変わることから五色沼とも呼ばれファンが多い。阿寒湖の一帯はすでに幕末のころには、希代の探検家・松浦武四郎が著した『東西蝦夷山川地理取調日誌』(1858年)や『久摺日誌』(1861年)によってその景勝美ぶりが知られていた。時代が下って1921年にマリモがついに国の天然記念物に指定されて阿寒湖の名前がさらに広まり、後の国立公園指定へとつながっていく。

大自然、それは壮大なキャンバス

大自然、
それは壮大なキャンバス

手つかずの自然だからこそ四季折々で表情を変える山や湖。 阿寒湖に太郎湖・次郎湖、そしてオンネトー湖を巡って大自然という壮大なキャンバスに描かれた風景を堪能してください。 エゾシカやキタキツネ、エゾリスにハクチョウなど運が良ければたくさんの動物たちに会うことができるかもしれません。 また、夏にはキャンプに登山、そして釣り。冬にはスキーや氷上フェスティバルと阿寒湖では手軽にアウトドアを楽しむことができます。

詳しくを見る

アイヌ文化に触れる多彩な体験メニュー紹介

アイヌ文化に触れる
多彩な体験メニュー紹介

独自の世界観を体験するアイヌ文化は、独自の世界観に満ちています。長い年月と共に培われ、受け継がれてきた文化を体験してみませんか?
また、アイヌ伝統の文化を知ることができる施設や、阿寒湖の自然を学べる施設が充実しています。阿寒湖とアイヌ文化をもっと深く学ぶ事が出来ます。

詳しくを見る

こんこんと湧き出る阿寒湖温泉にある手湯と足湯

こんこんと湧き出る
阿寒湖温泉にある手湯と足湯

阿寒湖温泉は、設備の整った温泉ホテルや旅館等がたくさん立ち並ぶ、北海道でも有数の温泉地です。外湯は共同浴場として「まりも湯」がある他、阿寒湖温泉が発祥とされる「手湯」や「足湯」が各所に設置され、探し歩くのも楽しみの一つです。釧路市内と阿寒湖を結ぶ通称まりも国道(国道240号)線沿いにある「丹頂の里 サークルハウス赤いベレー」では、阿寒湖畔とはまた違った泉質の温泉が楽しめます。

詳しくを見る

阿寒湖特産に舌鼓

阿寒湖特産に舌鼓

阿寒湖特産のワカサギ・ヒメマス・レイクロブスター料理をはじめエゾシカに山の幸など阿寒ならではのグルメ盛りだくさん。阿寒湖に来たら、カラダも心も胃袋も大満足!

詳しくを見る

夏には夏の、冬には冬の遊びを満喫

夏には夏の、
冬には冬の遊びを満喫

四季を通して、さまざまな体験ができるのが阿寒湖の魅力。
夏は、大自然の中を散策したり、登山、スポーツフィッシングやカヌーでアウトドアを満喫。
冬には、雄大な自然を眺めながらスキーやスノーボードで一面雪に覆われた白銀の世界を楽しんで。スキーやスノーシューで森や湖上を歩いたり阿寒湖ならではのワカサギ釣りやスノーモービル、バギーなどアクティブティもいっぱい揃っています。
阿寒の大自然と遊びを思う存分、満喫してください。

詳しくを見る

阿寒湖のまりも 阿寒湖のまりも

マリモの眠る伝説の阿寒湖

阿寒湖のマリモは、光の届く水深2〜3メートルのところで光合成をしながら生息している。表面の部分は球体を保ちつつ、光合成によって外へ外へと成長していき次第に大きなマリモとなっていく。とはいえ、先の調査でも6億個のうち25センチ以上の大型のマリモは3,000個程度であり、人間の時計でその成長の速度を測ってはいけない。

マリモと呼ばれるものは、実はこれまで北半球の緯度の高い各地で存在が確認されてきた。しかし、長年の研究によって、球状マリモが群生しているのは阿寒湖とアイスランドのミーヴァトン湖だけ、しかもこれほど大きく見事な球体は阿寒湖だけであることが判明している。阿寒湖の場合は、複雑な噴火によって入り組んだ湖岸と島々が形成され独特の水の流れができたこと、特に北岸のチュウルイ湾とキネタンペ湾は入り江となっており堆積した土砂で遠浅の砂浜が広がっていること、さらに森や川から流れ込む清冽な水や温泉の湧出があることなど、奇跡的に好条件が揃っていた。神々はここでも阿寒という地を選び、森と湖と火山によって世界的にも貴重なトーラサンペ=マリモのゆりかごを用意したのである。

マリモ展示観察センター

マリモ展示観察センター

特別天然記念物のマリモをじっくり観察でき、詳しい生態についても学べる施設が、チュウルイ島にある「マリモ展示観察センター」。
時には、びっくりするほど大きなマリモに出会うこともあり、観光客ならずとも必見のスポットとして人気です。

お問合せ : 阿寒観光汽船 TEL 0154-67-2511